スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)

 無免許で運転をしていたとして、兵庫県警宝塚署は15日、道交法違反の疑いで、宝塚市中山五月台、同市議近石武夫容疑者(64)=民主=を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。同署は少なくとも5年は無免許状態だったとみて、詳しい経緯を調べている。
 逮捕容疑は午後1時40分ごろ、免許がないのに、同市旭町の路上で軽乗用車を運転した疑い。
 宝塚署によると、近石容疑者の車は国道に出ようとしたところ、右から走ってきた乗用車と衝突。被害者が110番し、駆け付けた署員が免許証の提示を求め、無免許が発覚した。現場は同署のすぐそばだったという。 

リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
<雑記帳>南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」―東京地裁(時事通信)
<恐喝容疑>アート前会長から現金、芸能事務所前社長を逮捕(毎日新聞)
労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)

野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)

 【モスクワ時事】国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月半滞在した野口聡一さん(45)ら3人の宇宙飛行士が乗るロシア宇宙船「ソユーズTMA17」が2日午前7時24分(日本時間同日午後0時24分)、カザフスタン中央部アルカリク近郊の草原地帯に着陸する。
 野口さんはISSで引き続き滞在するクルーに別れを告げ、帰還の準備に入った。
 野口さんの宇宙滞在は2回目で、日本人のソユーズでの帰還は1990年12月の秋山豊寛さん(67)以来。野口さんは帰還後、近くの空港から専用機で米テキサス州ヒューストンに向かい、医学検査などを受ける。
 野口さんは2008年5月にISS長期滞在要員に選ばれ、昨年12月21日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から飛び立った。日本人の長期滞在は若田光一さん(46)に続き2人目、宇宙滞在は通算177日で、日本人最長となった。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
野口さん、2日に帰還=半年滞在、ソユーズ宇宙船で

計画的犯行か 現場に大型サバイバルナイフ 横浜の弁護士殺害(産経新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」(産経新聞)

申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は25日の衆院農林水産委員会で、宮崎県での口蹄(こうてい)疫被害拡大について「結果として、(発生場所が)200例、(感染疑いの殺処分が)14万頭を超える数になっていることについては、大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と述べた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避
口蹄疫で300万円寄付=宮崎県に
えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除

自動車登録簡略化に大賞=刷新会議(時事通信)
「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件(産経新聞)
郵便不正 弁護側「異例の判断」 検察側は敗北感にじませ(毎日新聞)
<強盗>パチンコ店に男3人 1740万円奪う…千葉・松戸(毎日新聞)
警官は盗撮、自衛官はトイレ侵入=同じビルで相次ぎ現行犯逮捕―千葉県警(時事通信)

情報提供は全暴力団員分=3万8000人、証券会社に―即時照会体制構築へ・警察庁(時事通信)

 日本証券業協会(日証協)に対する暴力団情報の提供をめぐり、警察庁は26日、すべての暴力団員約3万8600人の情報を提供すると発表した。証券会社が新規顧客との取引に関し、暴力団員かどうかを即時に照会できる制度の構築を目指す。
 警察庁は、日証協が導入を検討している反社会的勢力のデータベースを通じて情報を提供する仕組みを構築。顧客の氏名や生年月日などを入力すれば、警察が認定した暴力団員かどうかを即時に判定できるようにする。
 情報は定期的に更新し、暴力団を辞めた元組員や暴力団と関係が深い「準構成員」は対象にしない。情報管理を徹底する必要があり、セキュリティーの確保や情報提供の具体的な仕組みについては今後検討する。運用開始は早くても来年度以降になりそうだ。 

えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)
<アユ漁>解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川(毎日新聞)
くらたま、夫の元妻から訴えられた!(スポーツ報知)
<八街放火殺人>逮捕の男が事件後パチンコ 家賃も振り込み(毎日新聞)

小沢氏に再聴取要請 「裏金」供述に食い違い 改めて問われる説明責任(産経新聞)

 検察審査会の「起訴相当」議決を受け、さらなる説明責任が求められている小沢一郎氏。しかし、議決直後にわずか約8分の会見を開き、「私自身何もやましいことはない」などと主張したきり、沈黙を貫いている。大久保隆規被告が東京地検特捜部の調べに、水谷建設元幹部から現金を受け取ったと供述していたことも判明したが、小沢氏は口を閉ざしたままだ。

  [フォト]不機嫌そうな小沢氏、無言で国会入り

 小沢氏は、任意聴取を受けた1月23日の会見で「不正な金は水谷建設はもちろん、ほかの会社からも一切受け取っていない」と全面否定、「担当の秘書たちも不正な金は受け取っていないと(聴取で)申し上げた」と述べた。

 検審の議決当日の4月27日にも緊急会見を開き、「不正な献金も受け取っていないし、脱税などの犯罪もなかったということが検察の捜査で明らかになった」と語った。

 しかし、大久保被告が逮捕後の特捜部の調べに「平成17年4月に水谷建設元幹部から現金数百万円を受け取り、自分で使った」などと業者からの現金受領を初めて認める供述をしていたことが判明。元幹部は特捜部に、16年10月に石川知裕被告に5千万円、17年4月に大久保被告に5千万円を国発注の胆沢(いさわ)ダム工事の受注謝礼として渡したと証言しており、こうした食い違いの真相解明も不可欠だ。特捜部は大久保被告の供述のうち「受領額数百万円」「自分で使った」との部分は虚偽の疑いがあり、実際は5千万円を受け取ったとみている。

 再捜査では裏金や虚偽記載への関与が焦点とみられるが、4人が再聴取に応じたとしても、任意聴取であり、既に保釈されている元秘書らが小沢氏の積極的関与を供述する可能性は低い。小沢氏も自身の関与を改めて否定する方針とみられ、新証拠を得るには困難も予想される。不起訴処分を覆すハードルは高いが、そうした中で再捜査は本格化する。

【関連記事】
小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部
鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」
みんなの渡辺氏、検察の捜査は「当然」
ポスト鳩山、水面下で“蠢動”次は「小沢」の仰天憶測も
政治は“片手間”谷亮子氏の現役続行宣言に「なめるな」の声

未婚化は日本の危機だ(産経新聞)
一度建てれば30年間縛られる−特養・個室ユニットの行方(2)(医療介護CBニュース)
勤務中、職員全面禁煙…違反は文書注意検討(読売新聞)
<訃報>鈴木俊一元東京都知事死去 新宿に都庁移転 99歳(毎日新聞)
介護労働センターの事業や改革案、「不十分」で一致―省内仕分け(医療介護CBニュース)

5月末決着、先送り要求=普天間「方向性提示でいい」−社民の福島党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は6日、党本部で開かれたブロック事務局長会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末にこだわらず、真の解決をしてほしいというのが多くの沖縄県民の声だ」と述べ、鳩山由紀夫首相が掲げた5月末の決着期限にこだわるべきではないとの考えを改めて示した。
 福島氏は「5月末には(移設先選定までの)ロードマップ、方向性を示す(ことができればいい)」と指摘した。重野安正幹事長も記者会見で「何が何でも5月末までにというこだわりを持つべきでない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い−石川(時事通信)
インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も−防衛省(時事通信)
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え(医療介護CBニュース)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)

「アフガンに寄宿舎を」=故伊藤和也さん両親が寄付−菜の花基金の2000万(時事通信)

 2008年にアフガニスタン東部で殺害された非政府組織(NGO)「ペシャワール会」スタッフ伊藤和也さん=静岡県出身=の両親が23日、静岡市内で会見し「伊藤和也アフガン菜の花基金」に集まった寄付金など計2000万円を近く同会に寄付すると発表した。
 同会がアフガニスタン東部のジャララバードにつくったイスラム神学校「マドラサ」に併設する寄宿舎建設費用に1800万円、残りは同国の農業発展のため、トラクターや苗の購入資金に充てる予定。
 現在、マドラサでは7〜15歳の男子約600人が宗教や数学などを学ぶ。来年3月に寄宿舎ができれば、戦争で身寄りをなくした子供や、遠隔地で通学が困難な子供約200人も勉強できるようになるという。 

【関連ニュース】
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
「ドバイ暗殺事件」イスラエルに反省の色なし
常岡さんの健康良好=アフガンの拉致事件
常岡さん、クンドゥズ州で拘束中=タリバンが仲間釈放要求
アフガン北部で取材中拉致か=日本人フリー記者

宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
中国ヘリ接近、抗議は4日後=政府対応を自民批判−衆院委(時事通信)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)

車両床下から煙、大阪市営地下鉄で乗客ら避難(読売新聞)

 20日午前7時20分頃、大阪市福島区大開1、市営地下鉄千日前線の野田阪神駅で、下り線に停車した電車(4両、乗客100人)の床下から煙が発生。

 乗客らの避難や消火活動のため同線の運転を約10分間見合わせた後、いったん再開。その後、市消防局や福島署が現場検証するため、同7時55分頃から約15分間、再度運転を止めた。

 このトラブルで上下13本が最大約30分遅れ、約8200人に影響した。市交通局などが原因を調べている。

無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
次世代車普及、2020年に最大50%に…経産省(レスポンス)
家族刺され2人死亡=3人負傷か、30歳長男逮捕−愛知県警(時事通信)
<沼田市長選>現職の星野氏が無投票で3選 群馬(毎日新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)

夕張再生を積極支援=原口総務相が視察−北海道(時事通信)

 原口一博総務相は17日、自治体財政健全化法に基づく全国初の「財政再生団体」となった北海道夕張市を視察した。総務相は藤倉肇市長らとの会談で、国として同市の再生を積極支援していく考えを伝えた。
 同市は322億円に上る債務を今年度から2026年度までの17年間で返済する「財政再生計画」を策定している。市営住宅や市立診療所などを視察後、同市役所で藤倉市長や高橋はるみ北海道知事と会談した総務相は、過疎地域を財政支援する改正過疎法に基づき、同市が今年度、9000万円程度の地方債(過疎債)発行が可能となる見通しであることなどを説明した。 

【関連ニュース】
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で
郵政改革法案、20日ごろ概要公表=亀井担当相
高速通信も全国一律化検討=総務省
出先事務移管、一部先行実施も=地域主権で知事会からヒアリング
「情報通信文化省」新設を=民主議連が提案

コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了(時事通信)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
<チリ大地震>津波に6割避難せず…内閣府など調査(毎日新聞)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
【ゆうゆうLife】老いと生きる 女優・三原じゅん子さん(45)(産経新聞)

医学部などの新設、意見集約できず−全自病(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)は4月8日の常務理事会で、医学部やメディカルスクールなど医育機関の増設・創設について議論したが、意見を集約できなかった。邉見公雄会長は同日の記者会見で、「地域によって賛成の人、反対の人がいる。なかなか(意見の)集約が難しい」と述べ、今後も議論を続ける考えを示した。

 邉見会長は会見で、常務理事会での議論について、「(医師の)診療科偏在や地域偏在(の解消)に本当に役立つのか」「現状の改善無くして医大をつくるのはあまり意味がない」など、医育機関を新たに整備することへの慎重論が多かったことを明らかにした。その上で、医師を増やす方向では一致しているが、どのような方法で増やすかについては「もう少し議論が必要」との認識を示した。また、新設に伴い教員を新たに確保するため、自治体病院の幹部職員が引き抜かれれば、地域医療の崩壊に結び付きかねないとの懸念も出ているとした。
 一方、既存の大学での定員増のほか、診療科での医師の適正配置や総合医の養成など、「今の医療の困っている部分を緩和するような施策」の必要性を指摘する意見も出たという。

 邉見会長は、民間の大学が医学部を新設した場合、将来的に医師が過剰になっても養成規模の縮小は難しいと指摘。歯学部の現状を例に挙げ、「削減しようとしても減らせず、結局国公立が減らしていく。同じようなことを医科大にもやるのか」との懸念を示した。


【関連記事】
「今の体制で医師増員を」―全自病・邉見会長
医療系の大学院教育検証で骨子案提示
医師不足、300床以上の病院も「厳しい状況」−全自病
日医、医学部新設には「反対」
医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議

日中首脳、来週会談へ=核安保サミットに合わせ(時事通信)
ニセ警官交通取り締まり、見逃しの引き換えに…(読売新聞)
<中央選管>遠山氏に当選証書 神崎氏の衆院議員辞職で(毎日新聞)
「孤独死」問題で介護予防の体験学習―淑徳大(医療介護CBニュース)
徳島海保が鳴門市沖の貨物船衝突事故で船長を書類送検(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
無料携帯ホームページ
サイドビジネス
無料ホームページ
クレジットカード現金化 比較
探偵
情報商材
selected entries
archives
recent comment
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    佐々木 (06/14)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    紳士28号 (06/04)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    ボーン (01/20)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    とろろいも (01/13)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    カドルト (01/08)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    道隆 (01/04)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    リョータ (12/25)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    きんちゃん (12/18)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    ちんたまん (12/05)
  • 民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
    機関棒 (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM